バンダイナムコなんでも情報局バンダイナムコグループ

2010年03月26日

「ガンプラ30周年プロジェクト発表会に行って来ました

3月19日に行われたバンダイの「ガンプラ30周年プロジェクト」発表会に行って来ました。

3月19日に行われたバンダイの「ガンプラ30周年プロジェクト」発表会に行って来ました。
発表会では、CGO(チーフ・ガンダム・オフィサー)を兼務するバンダイ上野社長から、ファンの皆様へのこれまでの感謝の気持ちをこめて「ガンプラ30周年プロジェクト」を始動させることが発表されました。

まず30年にわたり培ってきた技術を集結させたガンプラの新ブランド「REAL GRADE」シリーズを、初代ガンプラの発売日である7月24日に発売するほか、ガンプラファンに向けた「ガンプラ30周年記念 GUNDAM SUPER EXPO」(2010年8月開催予定)、全国主要都市を横断する「ガンプラEXPO Japan tour 2010」(9月~)など複数のイベントを開催し、ガンプラの盛り上げをはかります。
また昨年お台場の潮風公園で415万人を集めた実物大ガンダム立像が、新たにビームサーベルを装備し、2010年7月24日より静岡市で開催される「模型の世界首都 静岡ホビーフェア」(会場:JR東静岡駅北側・東静岡広場 主催:ホビーのまち実行委員会)に登場します。

静岡市に設置される「ガンプラ REAL GRADE 1/1 RX-78-2ガンダム」イメージ図

発表会場には、静岡市の小嶋善吉市長、そして自らもガンプラの大ファンであり、ガンプラ30周年の公式テーマソングを唄う T.M.Revolution西川貴教さんが登場、会場は大いに盛り上がりました。

静岡市の小嶋市長(右)とバンダイ上野社長


ガンプラを手に取る西川貴教さん(左)

ウンパイロウはガンプラ誕生時にガンプラを作った世代ですが、今のガンプラは組みやすさは勿論、クオリティの精密さは目を見張るものがあります。昔作ったことがあるという皆さんも、まだガンプラに触れたことのない皆さんも、30周年を機に是非ガンプラを手にとって、世界観を感じてくださいね。

http://www.gunpla30th.net/

(C)創通・サンライズ

 

投稿者:ウンパイロウ | 商品・サービス情報 |